2022年 日本病院薬剤師会の保険「薬剤師賠償責任保険」特徴は?を解説【2022年】【薬剤師保険】

薬剤師保険

日本病院薬剤師会
日本病院薬剤師会 薬剤師賠償責任保険のまとめ
  • 日本病院薬剤師会の会員限定
  • プランは二つ 「施設契約」「個人契約」
  • 施設契約は薬剤部単位 薬剤部所属員全員加入必須
  • 保険金は 調剤事故1億円、医薬品事故以外5000万円
  • 保険料は 薬局2300円薬剤師2400円
  • 12月20日が更新日の1年掛け捨て保険

対象

日本病院薬剤師会の会員

施設契約

薬剤部で加入

所属スタッフ(薬剤師、助手、実習生)も対象
所属薬剤部の全員が加入する必要があります

個人契約

個人の薬剤師で加入

補償対象

病院薬剤師の行う薬剤師としての業務中の事故で
患者や第三者からの損害賠償責任を負った場合の保険

病院薬剤師の業務は
[調剤、製剤、薬剤管理、薬の情報提供など]

支払いの主な内容
  • 損害賠償金(治療費、慰謝料、休業補償など)
  • 訴訟費用、弁護士報酬
  • 応急手当費、緊急措置費

オプション

オプションはありません

保険金額

  • 調剤事故による身体賠償 1億円 年間で3億円まで
    (弁護士費用も含む)
  • 医薬品事故以外での業務事故による賠償 5千万円 年間限度額なし
  • 患者人格権侵害 300万円 損害額の10%が自己負担

保険料

施設契約

1名につき 2300円

個人契約

1名につき 2400円

契約期間

2022年12月20日~2023年12月20日の1年間

1年間の掛け捨て保険です

自動更新はありません

日本病院薬剤師会 薬剤師賠償責任保険 まとめと考察

オプションや特約は無く、非常にシンプルな掛け捨て保険となっています

気をつけるべきは薬剤部の人員数です
日本病院薬剤師会の保険は、施設契約の場合1名あたりの金額+全員加入しないといけません
1名なら2300円ですが、10名なら23000円です

支払い対象や補償内容は、日本薬剤師会の薬剤師賠償責任保険とほとんど変わりません

他社の保険と比べても、保険料、保険金、補償内容共に大きな差はなさそうです

保険に加入する前に

損保ジャパンの情報によりますと
薬剤師個人へ500万円を超える賠償請求は出ていないようです

薬剤師を対象とした裁判は年に1回あるか無いか程度

この状況は
確率極小
被害中程度

と言えるでしょう
保険の加入は考えなくても良いレベルだと考えます

あくまでも現状では です

今後どうなっていくかは不透明です
薬剤師相手の訴訟が増えたり、賠償金額が大きくなっていく可能性もあります

何でもかんでも保険で対応すると、経費だけかさんでしまいます

そこを踏まえた上で保険に加入するか検討しましょう

【日本病院薬剤師会 日病薬賠償責任保険制度パンフレット】

日本病院薬剤師会

にほんブログ村 投資ブログ 資産形成へ
にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加してます
クリックでのご協力、応援よろしくお願いします

にほんブログ村 投資ブログ 資産形成へ
にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加してます
クリックでのご協力、応援よろしくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました